ネットを使って航空券をゲット!格安チケットを利用して出費を抑える!

- 格安航空券と普通の航空券の違い

格安航空券と普通の航空券の違い

格安航空券と普通の航空券、一体何が違うのだろうかと考えたことはありませんか。
格安航空券を買ったつもりが、大手の航空会社のフライトに乗れたなんてことはよくありますから、その違いについて見ていきましょう。

値段の違いが1番

誰もがすぐにわかることですが、それが、格安航空券と普通運賃の違いは、航空券の値段にあるということです。
では、一体どのくらい異なるのでしょうか。
通常、羽田空港から九州へ行く場合、大体3万全前後、片道だけでかかります。
ですが、格安航空券の場合、往復で、その金額を切るのです。
しかも、普通運賃で購入した航空券と同じフライトを使っているので、見た目的には格安航空券も大手航空会社で直接普通運賃で購入した人も全く変わりません。
一般的に、普通運賃、もしくは、ペックス運賃(正規ディスカウント)であっても、格安航空券よりは値段設定高くなっていますが、格安航空券は、一定期間内に購入しなければいけないという条件もあります。

条件が違うのです

上記にもありますが、格安航空券と普通運賃のそもそもの条件が違うので、値段が異なります。
例えば、あなたが〇日に必ず旅行に行くということを決めていれば、格安航空券を利用しても問題ありません。
というのも、値段も安いですし、格安航空券は、通常、変更やキャンセルなどがきかないからです。
ですが、普通運賃の場合、高い値段を払っている分、条件に関してはほとんど制約がないというのが大きな違いです。
変更やキャンセルもスムーズにできますし(空席状況にもよりますが)、もし本当に使わないとなれば、返金もしてもらうことができるものがほとんどです。
ですが、格安航空券では、そういったことは一切できないので、その条件の違いによって値段も異なります。

優先順位も違います

これはあまりないことかもしれませんが、アクシデントというのは、いつどこであるかわかりません。
例えば、あなたが乗ろうと思っていたフライトですが、それが飛ばないとなりました。
でも、どうしてもあなたはその日にそこから飛び立たなければいけないのですが、あなたが格安航空券を購入した場合、普通運賃で航空券を購入した人がそれを同時に同じことを言ったら、あなたの方が優先順位は落ち、他の人がフライト変更の権利を得るのです。
実は、エコノミークラスでもレベルがいくつかに分かれているのです。
なので、そのクラスの上下を見てカウンターの人も対処するので、機材の不具合などで遅延などになった場合、普通運賃の人が優先されてしまうのです。

格安航空券を購入する前に知るべきこと

格安航空券を購入する前、こんな普通運賃との違いを知っておきましょう。
そうすれば、格安航空券を疑問なく購入できます。

関連記事:

  « 前の記事: を読む