ネットを使って航空券をゲット!格安チケットを利用して出費を抑える!

- 人気のジェットスターで気軽に空の旅

人気のジェットスターで気軽に空の旅

格安航空券の搭乗で、飛行機を使うことは贅沢でも特別なことでもない世の中となりました。
新幹線よりも早く、しかも安い運賃で目的地に飛べる飛行機。天候による遅延こそあるものの、日本における運行状況は極めて正確で、ビジネスユーザーからも愛されています。

一番人気はどの航空会社?

広告費にあまりお金をかけないLCCではありますが、話題となった当初一番印象的だったのは人気タレントを起用したテレビコマーシャルをバンバン放映したジェットスターではないでしょうか。明るいオレンジの、色による印象付けも成功し、今ではオレンジ色イコールジェットスターと認識する人も多いようです。
海外への便も多く、値段が安いことがきっかけでリピーターを産み、国内線を使うファンも増えているようです。
他のLCCだと遅延や、何かがあったときの対応が甘いと指摘されることも多いようですが、ジェットスターの人気の秘密は時間厳守であること。
ビジネスで利用する人はもちろんですが、休暇ですらも短く慌ただしいとされる日本人にとっては何をおいてもスケジュール通りにことが運ぶことは重要なポイントです。
コストをカットした結果従来当然とされていたサービスが無くなったのが格安航空券の特徴ではありますが、軽食サービスはつけてくれるというのも、嬉しい点ですね。

利用するにあたっての注意点

値段が安いには理由があります。まず、ターミナルが成田空港第3ターミナルであること。今まで第1、2を使っていて値段の為だけにジェットスターを利用したという人が陥りがちなのが、出発前のチェックイン時の遅れです。自分は慣れているからと、いつもの感覚で家を出ると、非常に慌ただしい思いをする恐れありです。第3ターミナルは少し離れたところにあるので、気持ち余裕をもって到着するように心がけましょう。

ジェットスターでどこへ行こう

日本のシルエット
オーストラリアのメルボルンに会社を持つジェットスター。国内線でのシェアも延ばしており、ピーチと人気を争っています。
いずれも若い子が好みそうな明るいイメージで従来の高級感や格式高い航空会社のイメージを払拭するようなカジュアルさが人気を集めています。
都心からも北海道や沖縄に1万以下で行けるとし、ちょっとした飲み会を我慢すれば旅行に行けてしまうということで女子旅や恋人との思い出作りに大活躍しています。
飛行機での旅行が、セレブリティのようなイメージをもっていた世代が、どんどん空を旅することで、世界がより小さくなっていくことでしょう。

関連記事: