ネットを使って航空券をゲット!格安チケットを利用して出費を抑える!

- 危険はないの?格安航空券の不安点とは

危険はないの?格安航空券の不安点とは

日本や海外でのその利用客が増えつつある格安航空券ですが、一方ではその安全管理に疑問の声も上がっております。格安航空券は本当に危険な物なのでしょうか。皆さんがお考えになっておる不安な点を考えてみます。

格安航空が危険であると言われる理由

表彰台
格安航空券を発行する航空会社は使用する機材が中古の古い機材であったり、コストを低く抑えるために人件費の削減を行ったりしながら、会社の利益を確保しなければなりません。その為に飛行機にとって最も大切である、機体整備の為の人件費も削減の対象になってしまい、きちんとした整備がされていない場合が考えられる為、危険であると考えられていると感じます。現在、世界的に航空会社の安全性の格付け(Safety Rating)があり「7」が最高ランク、「1」が最低ランクとなっていますが、日本の日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は、最高の格付けである「7」となっている一方で、日本の格安航空(LCC)であるピーチとバニラの格付けは「5」となっております。ただ世界的に見た場合はランク「1」やランク「2」と言う格付けの格安航空会社がある事も事実です。

格安航空の事故事例と原因

格安航空の事故事例と、その原因とされている事例を元に確認してみますと、ドイツのジャーマンウイングス機が墜落した事故では、副操縦士の精神異常が事故の引き金になったとされております。パイロットの場合、入社時の健康診断や精神診断は行われますが、通常勤務になった場合には行われないと言う。格安航空会社では極端な人件費の削減を行っている為、人間の体調管理にはどの程度の配慮があるのか疑問の残る事故事例です。又、バリュージェット社では極端なコスト削減により会社の規模は大きく成長したが、一方で整備不良に伴う緊急着陸の回数が右肩上がりで増え、1996年5月にはついに墜落事故を起こしてしまいました。この事故の問題はコスト削減の為に機体整備が下請けや孫請けに迄降りて行き、機体整備の品質が著しく低下した事によるとされております。

格安航空の飛行機材は最新型

格安航空の機材は、中古の払い下げ機材を再利用していると言うイメージがある方も多いと思いますが、実は格安航空会社の使用する機材は、最新型機である場合が多いのです。理由は大きく2つあります。1つは最近機材の燃費の良さです。古い機材は燃費が悪く、航空会社の経費の多くを占める燃料経費に大きく影響を与えてしまいます。2つめは、機材整備に掛かるコスト削減の為です。数十年経った古い機材の場合には、保守用の部品の確保と維持が難しくなってしまい、最悪は飛行が出来なくなってしまうからです。勿論全ての格安航空が最新の機材を使用している訳では無く、依然として古い機材を使用している航空会社も多いです。特に海外の格安航空では、その傾向が強い様に感じますので、もしも海外で格安航空を利用する際は、念のため確認して見た方が良いかと考えます。

格安航空の安全性

格安航空の安全性は世界が望む事であり、格安航空の品質の向上が、世界の航空業界の品質向上とサービス向上に繋がり、利用する人達にとっても大変有益な事であると考えます。その為にも世界中の航空業界の協力が必要であり、中でもそこで働く人達の質の向上が最重要課題であると考えます。格安航空会社が自社の利益にのみ目を向けるのでは無く、生き残って行く為の改善を是非真剣に取り組んで欲しいと考えます。

関連記事: